Go living in UJITAWARA?うじたわらいく

うじたわLIKEなひとびと

中山さん ご家族

2018年埼玉県富士見市から移住。
幸季さんは奈良県生駒市出身。知子さんは京都府宇治市出身。11年間の富士見市で暮らしを経て、子育て環境の良さ、土地の広さ、アクセスの良さなどが決め手となり宇治田原町へ移住。現在は、空き家バンクを利用して見つけた賃貸している家屋を自身でリフォームしながら、念願だった古民家暮らしを満喫中。

地域の方が温かくて、
何かにチャレンジするに
ぴったりのピッタリの場所です。
宇治田原町に移住して良かったことは?

(幸季さん)ふたりとも実家が関西にあるということもあり、いつかは戻ってきたいなと思っていたんです。
富士見市では会社勤めをしていたのですが、少し前から独立を考え始めて、会社にも相談をしていたので、独立するタイミングと娘の小学校入学のタイミングが重なって、一気に移住の話が進み始めました。
家はふたりの実家である生駒市と宇治市の間に絞って探しました。空き家バンクや友達、両親の知り合いに紹介してもらいながら、実際に足を運んで決めました。
宇治田原町に移住する決め手となったのは、子どもにとってすごく良い環境だなと思ったことですね。小学校も近いですし、学校から帰ってきて遊ぶ場所もたくさんあります。
家の近くにスーパーもあって、子育てするにはとても良い環境だと思います。
あとは、仕事柄、全国各地へ出張に行くので、田舎過ぎず、アクセスが良いところも決め手になりました。

中山さん ご家族中山さん ご家族

(知子さん)実家が関西にあるので、いつかは関西に戻ってきたいなと思いつつも、時が経ってしまっていたので、移住すると聞いたときは、慣れ親しんだ環境から離れることは寂しかったけど、反対とかはまったくなくて、「ほな、はよ決めよか」ってなりましたね。
おしゃれなショッピングモールとかファミレスとかはないけど、富士見市にいるときに十分楽しめたように思うし、少し車を走らせると、そんな場所にもまた行くことができます。
自然いっぱいの中でも、家の中でも、思いっきり走り回る子どもたちと過ごす日々が今はとても楽しくて、今の私たちにはすごく合っていると思うんです。

中山さん ご家族
実際に暮らし始めてみて?

暮らし始めて気づいたのは、行事が多いということですね。家族はみんな行事好きなのでとても喜んでいます。
移住してきたときから今も変わらず感じているのは、地域の人が本当に優しいということですね。野菜は買わなくてもいいくらい、ご近所の方からわけていただいてますよ。
移住2年目の今年は、地域の方から教えていただいて、自分たちでも野菜を作っていけたらいいなと思っているところです。
出張も多くて家を開けることも多いので、この距離感は嬉しいですね。
東北の震災のとき、家族は埼玉で、私は富山に出張で連絡がつかなくて不安だったんです。親も含めて近くに頼れる人がいるのはすごく安心できます。
あとは、横断歩道の旗ももともとはなかったんですけど、町内の方が役場に声をかけていただいて、設置してくれたんです。
誰かがなにか感づいてくれているのがわかるのが嬉しいですね。